Please reload

最新記事

ロマンを身に付ける!大戦中に作られたジーンズの真髄。

September 22, 2017

1/1
Please reload

特集記事

ジーンズのカラーバリエーション

August 5, 2018

誰もが、普段何気なく履いているジーンズ。
男女問わず、今やファッションの定番となっているアイテムですが、様々なカラーに分類する事ができるのをご存知ですか?
これを、知っているのと知らないのとでは普段のコーディネートに大きな差が出てきます。
まずは、絶対に押さえておきたい基本の3色とそれぞれに合ったコーディネート、変わり種のカラーまでを見ていきましょう。

 

 

 

目次

1.基本の3種類
2.基本の3種類別コーディネート

3.カラージーンズ

 

1.基本の3種類


 ジーンズの基本的なカラーとして、大きく分けるとインディゴブルー、ブルー、ライトブルーの3種類に分けられます。
それぞれの特徴と与える印象を見ていきます。

 

・インディゴブルー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


インディゴブルーのジーンズは、黒っぽい色目が特徴で青よりも濃く、深みのある藍色です。
色落ち加工もしておらず、濃紺のインディゴブルーはかっちりときれい目な印象を与え、上品なコーディネートにもたいへん向いています。
ジャケット、シャツ等との相性も大変よく男女問わず幅広い年齢層の方におすすめのカラーです。
また、全体的にも細く見せてくれるのでスタイルアップ効果も期待できます。

 

 

・ブルー


インディゴブルーとライトブルーの中間カラーのこちらは、オーソドッグスで合わせやすく、どんなアイテムとも相性が良いでしょう。
カジュアルだけど、ラフすぎないカラーです。
中でも、「ユーズドブルー」と呼ばれるものは、古着のようにウォッシュ加工や、ダメージ加工が施されたデニムで垢抜けた印象も与えます。

 

 

・ライトブルー


3種類の中で、1番薄い色味がこちらのライトブルー。最も、カジュアル感が強く、ラフな雰囲気のカラーとなります。
女性らしく、柔らかい雰囲気でこなれ感が出るので特に春夏の気温が高くなる季節にはオススメしたいカラーです。

 

 

 

2.基本の3種類別コーディネート


 さて、ここからは基本の3種類のそれぞれのオススメコーディネートを見ていきましょう。


まず、インディゴブルー。

 


濃い色のデニムはトップスに濃い色(黒・茶・紺など)を合わせるとシックで大人っぽい雰囲気になります。
デニム=カジュアルの印象は消え、とても綺麗目なスタイルになります。
ただ、全身が暗くなりがちなので、バッグや靴でポイントとなるカラーをもってくると一気に垢抜けた女性らしいコーディネートになります。
反対に、白や淡いカラーのものを合わせると、フェミニンで可愛らしい雰囲気が出せます。
デニムオンデニムの着こなしにもとってもおすすめのカラーになりますが、その場合はトップスは色目の薄いライトブルーのシャツなどにすると一気に垢抜けたスタイルの完成です。

 

 

続いて、ブルーデニム。


中間色のこちらは先ほどもお話しした通り、基本的にどんなアイテムとも合う万能カラーです。
少し抜け感を出したい時や、ラフに着たい時はボーダーや明るめのカラーがよく合います。
また、洗練された大人っぽい雰囲気を出したい時は、黒、バーガンディー、カーキと言ったシックなカラーを合わせてみてはいかがでしょうか。
暗めのトップスでもインディゴブルーのデニム程全体が暗いトーンになることもありませんのでオールマイティーに使える一本であり、カジュアルな着こなしにもよくハマるカラーです。

 

 

最後は、ライトブルーのデニム。

 

 


3色の中で1番薄いカラーのライトブルー。
最もカジュアル感が強くて、こなれ感のあるカラーです。
上の2色に比べて、トップスに暗いトーンのものを合わせても重たくならず、程よいカジュアル感を出したい大人女子におすすめです。
柔らかな雰囲気も出せるので白っぽいレースやベージュ系のカラーとも相性が良く、女性らしいジーンズコーデが完成します。
また、メンズファッションにおいても近年、薄いカラーのデニムはとても人気が高く春夏の季節にはサンダルなどと合わせて爽やかなジーンズコーデを楽しむ方が増えているようです。

 

 

 

3.カラージーンズ


 実は、ジーンズにはブルー系とは違うカラーデニムがあるのをご存知ですか?
ブラックデニムや、ホワイトデニムは目にする機会もよくありますが、その他にも様々なカラーが存在するのです。
しかし、これらはデニム本来の糸染めではなく葛城を後染めしたもので安価なカラージーンズとなります。
女性ファッション界でも、カラーデニムが一時期流行し、パステルカラーのもの、ビビッドなものが多く出回りました。
ブラックデニムや、ホワイトデニムはブルージーンズ同様、アイテムとして一本持っているとオシャレの幅を広げられるカラーですので、是非挑戦してみて下さい。

 

 

まとめ

 


 ジーンズと言っても何種類かのカラーに分けられる事がお分かりになったでしょうか。
それぞれのなりたいスタイルや、雰囲気に合わせてコーディネートすればジーンズでも様々な着こなしを楽しむことができます。

一昔前までは、ジーンズと言えばカジュアルファッションという位置付けでしたが、現在では様々なシーンで見かけられるようになりました。

まずは、基本の3種類のカラーをおさえていつものデニムスタイルを楽しんでみてくださいね。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索