Please reload

最新記事

ロマンを身に付ける!大戦中に作られたジーンズの真髄。

September 22, 2017

1/1
Please reload

特集記事

ジーンズと相性の良い色・秋編

September 26, 2018

 

 

少しづつ、夜が来るのが早くなってきました。季節は秋になっております。

以前、ジーンズと相性の良い色の夏編をお話したことがありますが、今回は秋編。

季節の合間で、気温の変化が激しい時期です。着るものに悩まれる方も多いのではないでしょうか。そんな季節だからこそ、秋の色を取り入れることで、ジーンズを楽しむきっかけなればと思います。

 

目次

1、秋はトーンに気をつける

2、ジーンズと相性の良い秋の鉄板色を手に入れよう

3、素材を気をつけることで、秋感が増す

 

 

1、秋はトーンに気をつける

色には3つの大きな要素があります。明度・彩度・色相です。これら3つの組み合わせで世の中の色ができているといっても過言ではありません。これは基本としておき、秋の色を考える上で、重要になるのが、「トーン」です。

 

 

 

トーン(色調)とは、明度と彩度をひとつにまとめて、直感的な色の印象を表したものです。

明るいや、暗い、爽やかや、濁ったなど、色の持つイメージを指します。

 

春は柔らかいイメージのソフトトーンやライトトーン、夏は鮮やかなビビットトーンのように、使うトーンを変える事で、その季節に合った色味を見つけることが可能です。

秋はディープトーンやダークトーンなど落ちついた色味を選ぶことで、コーディネートをより秋らしくすることができます。

 

トーンって、今いち分からないという方は、秋の景色や食べ物をイメージして下さい。紅葉した葉の色や、カボチャやキノコなど。その色味が秋のトーンになります。

具体的にイメージすると服を選ぶ時に分かりやすいです。

 

付け加えて、秋はトーンに関係なく暖色系の色を選ぶのが良いでしょう。

暖色とは、赤や黄色、オレンジなど、暖かさを感じる色のことです。ジーンズは青色なので、反対に冷たい印象を感じる、寒色となります。また、暖色と寒色は色相環でいうところの補色の位置にあるので、トップスに暖色系を持ってくるのは、ジーンズとの相性が良くなります。

 

2、ジーンズと相性の良い秋の鉄板色を手に入れよう

それでは、実際にジーンズと相性の良い秋の鉄板色を見ていきましょう。

秋色もまずは王道の色から押さえることで、使い回しの幅が広がります。

ここではオススメの鉄板色を色ごとにご紹介します。

 

 

 

○ブラウン(茶系)

王道の秋色と言えばブラウンです。暖色系のブラウンは暖かさと、落ち着いたイメージを与えます。また同じブラウンでもダークブラウンからライトブラウンなどトーンを変える事で様々なバリエーションを楽しめます。ポイントとして、ジーンズの色が濃い場合は淡めのブラウンを、ジーンズの色が薄い場合はダークブラウンを合わせると、重くなり過ぎず秋らしくなります。

また、合わせるアイテムとして、チェックのシャツやカーディガン、レザージャケットなど、カジュアルなものがおすすめです。茶系のジャケットやコートはシックな印象になります。

 

 

○マスタード(からし色)

マスタードはジーンズと非常に相性の良い秋色です。こちらも黄色系統の暖色です。トーンは落ち着いていますが、ブラウンより明る色なのでアクセントカラーとしてよりジーンズを引き立たせます。ジーンズは補色関係が成り立つ、濃いめの色がおすすめです。セーターなどの柔らかい素材のアイテムを選ぶと、より秋らしくなります。また、靴やバッグなどワンポイントのアクセントとして取り入れるのも良いです。

 

○ワイン色

ワインのような濃い赤紫色を指します。英語ではバーガンディ。良く似た色にマルーン(ボルドー)があります。色の区分では別の色になりますが、ここでは同系色として、ひとまとめでワイン色とします。

こちらも、上の2色と同じく、暖色系の濃いトーンの色味なのでジーンズとの相性が良い色です。

ワイン色はどんな色のジーンズとも合わせやすく、汎用性の高い秋色です。指し色になりますので、Teeシャツやパーカーなどインナーに持ってくるとより使いやすいです。

 

○オリーブグリーン

秋色の鉄板色の中でも、オススメはオリーブグリーンです。濃い緑に茶色が足されたようなこの色は秋に限らず、一年を通じて使える万能色です。もちろん、色の濃いジーンズでも、薄いジーンズでもどちらでも対応が可能です。近年、人気のミリタリーアイテムには欠かせない色なので、様々なバリエーションがあるのも魅了です。シャツやジャケットなどをオリーブグリーンにすると、インナーにどんな色がきても、秋の色味に変えてくれます。

応用編として迷彩柄も、同じような役割を果たしてくれるのでオススメです。

 

 

 

 

3、素材を気をつけることで、秋感が増す

ここまで色の説明をしてきましたが、最後に素材についてお話します。

洋服には、様々な素材が使われております。その素材を変えることで、同じ色でもより秋感がまします。例えばシャツ。コットンのシャツでも、ネルシャツのように厚みがあり、表面に起毛がかかった素材は暖かみを感じます。

 

 

 

ウールも秋冬ならではの素材。セーターやカーディガンなど、寒い時にしか着れない素材とアイテムを取り入れて、より秋らしいコーディネートを楽しむことができます。

 

素材と色の組み合わせで、ジーンズとの相性はさらに倍増します。

 

まとめ

 

 

秋はトーンを落として、落ち着いた印象を与えるように心がけましょう。今回、ご紹介した秋の鉄板色はジーンズ以外にも応用が効く色ばかりです。迷った時は、これらの色を思い出して頂ければ間違いがないのではないでしょうか。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索