Please reload

最新記事

ロマンを身に付ける!大戦中に作られたジーンズの真髄。

September 22, 2017

1/1
Please reload

特集記事

デニムスカートの種類と着こなし。

July 11, 2018

女性の方なら、ファッションアイテムの1つとして持っている方も多いデニムスカート。

一口にデニムスカートと言っても、様々な種類のものが存在します。

ミニスカート、ロングスカート、タイトスカート、フレアースカート…

シンプルで使いやすいアイテムだからこそ、シルエットや丈感に気をつけた着こなしを身に付けたいですよね。

 

 

 

 

 

今日は、デニムスカートについて掘り下げていきましょう

 

目次 

1.スカートとは?

2.デニムスカートのシルエットと種類

3.デニムスカートの着こなし


 

 

1.スカートとは?

 まずはじめに、「スカート」とは腰より下を覆う筒状の衣服です。

国によっては、文化や様々な理由で男性が着用する場合もありますが、現代の日本では一般的に女性が着用するものと考えられており、女性そのものの象徴として捉えられている衣服です。

 

日本の学校の制服が分かりやすい例です。男性用はズボン、女性用はスカートと区別されているのが主流です。

 

2.デニムスカートのシルエットと種類

 どんなスタイルも選ばないデニムスカートはファッションアイテムとして使える1つですが、スカートのシルエットや丈感によって雰囲気は大きく変わります。

そこで、なりたいファッションの雰囲気にあわせたシルエットを見ていきましょう。

 

・ミニスカート

一般的に、膝より上で太ももぐらいの長さのスカートを指します。1960年代、日本でも大流行し若者の多くがストリートファッションとして取り入れました。

現代でも広く浸透し、タイトなものから台形、フレアーなど形も豊富にあり若者を中心としたブランドからも沢山でています。

デニムのミニスカートもよく目にしますが、ダメージ加工のされているもの、シンプルなデザインのものなど沢山あり、どちらかと言うとカジュアルで元気な印象を与えます。

 

・ロングスカート

 

ミニスカートとは反対に、スカートの中でも脚のふくらはぎよりも丈の長いものを指し、更にくるぶしよりも長いものは特に「マキシスカート」と呼んで区別します。

下半身の体型をカバーすることが出来たり、脚のラインを隠せたり、縦長のシルエットを作れるのでほっそりした見た目を与えられます。

カジュアルですが、子供っぽくなりすぎたくないコーディネートにとくにオススメでトップスをタックインして着るとよりすっきりと着こなせます。

 

・タイトスカート

「タイト」とはぴったりしたという意味。

履いたときにヒップから裾にかけて真っ直ぐ直線になっている形の為、スリット入りのものが多く足を動かしやすくなっています。

ミニ、膝丈、ロング丈と様々ありますが丈が短いほど身体のシルエットが出ますので女性らしくセクシーな印象です。

 

 

 

・Aラインスカート

Aラインスカートとは、その名の通りA字型のシルエットで上が小さく、すそ広がりとなった形、ラインをさします。女性らしく優雅な雰囲気が出せるので華やかなスタイルにぴったりです。

また、裾が広がっている為、脚も細く見えてスタイルアップの効果も。

 

・フレアースカート

フレアースカートは、シルエットがふわっとした朝顔のように開いてみえるスカートをさします。履いたときに、裾が波打ったような形がうまれ、柔らかく、上品なイメージを出せます。

フレアとは、朝顔形に開くという意味がありAラインとも似ているが微妙にちがいます。

台形型の丈が短めのスカートをフレアースカートと言う一方で、膝下までの丈の長い縦長フレアースカートをAラインスカートと呼ぶ傾向があるようです。

 

 

3.デニムスカートの着こなし

 さて、ここからはデニムスカートの着こなしについて見ていきましょう。

はじめに、デニムは年間を通して季節関係なく使える素材です。

オンス(生地のぶ厚さ)で、多少の違いは出てきますが、暑い夏でも、寒い冬でも、オールマイティーに使えるので万能アイテムともいえるでしょう。

また、季節によってデニムスカートの色目を変えてみても良いでしょう。

例えば、春夏は薄いブルーの色目のデニムスカートにシンプルなTシャツで軽やかに、また秋冬は色落ちや加工のしていないリジットのデニムスカートできちんと感を出した着こなし。

 

足元は、カジュアルに着こなしたいならスニーカーを。また、女性らしく上品にまとめたいならパンプスや、ヒールのある靴がオススメです。

 

 

特に、お洒落上級者の大人女性にオススメしたいのが「デニムonデニム」のシャツ+スカートのスタイル。

同じ同系色のシャツを合わせるスタイルはカジュアルだけどどこか洗練された雰囲気も出せるので是非、チャレンジして頂きたいです。

 

 

 

 

まとめ

 デニムスカートにも沢山の種類があるのがお分かりになったでしょうか?

シルエット、丈感、形、色……

シンプルなアイテムだからこそ、合わせるものによって様々な着方もできる万能アイテムなのです。

女性らしくも、カジュアルにも使えるデニムスカートは一枚持っていても絶対に損はしないはず。

自分らしい着こなしを楽しんでみて下さい。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索